夏の間、冷房の効き過ぎた部屋の中にいたり、
猛暑の中を歩いた後、直に冷房の効いた建物の中に
入ったりして、自然の変化ではない、
人工的な温度の変化に晒されていると、
皮膚上にある温度感知センサーの働きが狂ってしまいます。

 

となると、自律神経のコントロールも乱れてきてしまい、
それによって汗腺機能も正常に働かなくなってきてしまいます。

「汗腺機能が低下すると熱中症にかかりやすくなる」の続きを読む…