汗腺類と常在菌の働きによってワキガが発生する

ワキガはエクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺の
3つの汗腺が関連しあって発生します。

 

そして、その中でも中心となっているのが
アポクリン汗腺です。
本来、アポクリン汗腺からの汗は、臭いはなく無臭です。

 

しかし、その汗の中には脂肪分やタンパク質が含まれているため、
それらが皮膚に存在している細菌によって分解されると、
強い腐敗臭を発生させる事になります。

 

また、これに皮脂腺からの脂肪分が加わると、更に強い臭いになります。

 

そして、この強い臭いがエクリン汗によって、ワキ全体に広げられて、
脇毛に付着することで臭いが拡散されていきます。

 

これがワキガ発生のメカニズムです。
イラスト

汗腺類からの分泌物と皮膚表面に存在している細菌、
これらが関連しあってワキガという臭いが発生します。

 

肌に細菌がいると聞くと、気持ち悪く思うかもしれませんが、
この細菌は常在菌と呼ばれるもので、病原性を示すものではなく、
人体に日常的に生息していて、外的刺激から私たちの体を守ってくれるものです。

 

肌に存在する細菌は、外界から付着した異物や雑菌を分解してくれる働きがあり、
私たちにはなくてはならない存在ですので、気持ち悪く思う必要は全くありません。

 

また、汗腺類もそれぞれに大切な役割を持っています。

 

エクリン汗腺は、塩分を含んだ汗を皮膚表面に拡散させる事で肌を弱酸性に保ち、
有害な雑菌から肌を保護してくれています。

 

また、皮脂腺から分泌される脂肪分は、肌の潤いには欠かせないものです。
ID-100118708

 

 

 

 

 

 

 

しかし、これら汗腺類は、その数や密度、どのくらい活発に活動しているかなどは、
それぞれ個人差があります。

 

そして、ワキガの元であるアポクリン汗の成分も人によって違っており、
また、皮膚の常在菌の種類や数も個人差があります。

 

こうした個人差によって、体臭、ワキガなども
その臭いの強弱が違ってくる事になります。

コメントを残す