腋窩多汗症の原因はメンタルである場合も多いです

ワキガ臭がしていない単なる腋窩多汗症というのは
周りの人からすると、それほど重要な問題と感じていないことが多いです。

 

しかし、本人にとっては、普段のケアの大変さ、
他人に知られる恐怖感など悩みの深さは相当なものです。

 

例えば、ワキガの臭いの場合なら、何もケアをしないと
有無を言わさず周囲を巻き込んでしまいますが、
多汗症で汗をたくさんかいても周囲はそれほど気にしません。

 

特に、顔や首など普段から見られている部分の汗なら気づかれるかもしれませんが、
脇の下の汗に関しては、本人がしっかりケアをしていれば、
多汗症であること自体気づかれないこともよくあります。

 

また、汗が大量に出ること以外は、特に痛みが伴うわけでもなく、
何かしらの内臓系の病気があるわけでもないので、
たとえ家族の誰かが多汗症で悩んでいたとしても、
真剣な問題として捉えようとしません。

 

しかし、本人にとってみれば、長年にわたって見えないところで
多くの苦労をしており、神経質な性格の人ならば、
その心労もかなり大きなものとなっているでしょう。

ID-10078258

腋窩多汗症の人の最大の悩みは、汗が洋服の表面にまでにじみ出てくる事です。

 

特に、女性の方は衣類の脇の部分が汗で濡れていることを
周りに気づかれないように様々な工夫をしています。

 

その際、よく使われるのは汗わきパッドです。

 

汗わきパッドとは、洋服の脇の下の部分に装着する事で
脇の下から流れ出る汗を吸収してくれる商品ですが、
汗の量が多い人や汗の量が少なくても神経質な人などは、
この汗わきパッドをこまめに交換しています。

 

勤務中の女性の方で、脇汗が気になる場合、
1~2時間おきに取り替えている人もいるそうです。

 

また、汗対策として、制汗剤なども使われますが、
あまり頻繁に使いすぎると、制汗剤の成分が衣類に付着して
それが黄ばみとしてシミになるケースもあります。 

ID-10084136

実際、腋窩多汗症といっても、日常生活に支障をきたすほど重度の症状の人は
それほど多くはなくて、気持ちの問題という面も大きいです。

 

脇の下が濡れているのはみっともない
脇の下が汗ばんでいるのを気づかれたら恥ずかしい
衣類に汗ジミができるのは避けたい

 

といった恐怖心や不安感のような思いが強すぎて、
必死で汗を隠そうとします。

 

しかし、そうした緊張性の腋窩多汗症の場合、
気にすれば気にするほど汗が出てきてしまいます。

 

したがって、初めは軽度の腋窩多汗症だったとしても、
気にし過ぎる事で、どんどんその症状が重くなってしまうことも多いです。

コメントを残す