ワキガの臭いの原因はアポクリン汗腺からの分泌物

人間の皮膚は、普段私たちが見ている最表面の「表皮」の部分と、
その下にある「真皮」、さらにその下の「皮下脂肪」の三層から成り立っています。

 

そこには血管神経、毛を作り出す毛包と呼ばれる組織などが存在していますが、
それら以外に、アポクリン汗腺エクリン汗腺という
汗を出す2種類の汗腺も存在しています。

 

この2種類の汗腺のうち、ワキガの原因となっているのが
アポクリン汗腺です。

 

アポクリン汗腺は、長い管がとぐろを巻いたようなグルグル巻きの状態で
真皮と皮下脂肪にまたがって存在していて、
脇毛の毛穴を介して、汗を分泌しています。

hifudanmenzu

アポクリン汗腺から出る分泌物(汗)自体は無臭ですが、
皮膚表面に出てきたあとに臭いを出すようになります。

 

どういうことかというと、
アポクリン汗腺からの分泌物は、通常のエクリン汗腺からの汗とは異なり、
その成分に脂肪やタンパク質などが豊富に含まれている為、
皮膚表面に出てくると、皮膚上に存在する常在菌が
その脂肪やたんぱく質をどんどん分解してしまい、
それによりワキガの臭いを生み出してしまうことになります。

 

ですので、シャワーを浴びたり、脇毛を剃ったり、
殺菌剤を塗布すると、皮膚表面の細菌が激減するので、
一時的には臭いを抑えることもできます。 

ID-10042906

しかし、アポクリン汗腺からの分泌物が抑えられているわけではないので、
時間が経てば、再び皮膚上に分泌物が出てきてしまい、
残った細菌により再び分解され、ワキガ臭を発生させ、
細菌自体も増殖していく事になります。

コメントを残す