エクリン汗腺と多汗症

私たち人間の肌の表面には、
汗腺」という汗を出す器官が存在しています。

 

そして、この汗腺には2種類あって、
エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」と呼ばれています。

 

更にこれら加えて、「皮脂腺」という器官もあって、
これら3つの器官から出る分泌物が汗や臭い、ワキガなどに関係しています。

 

今回は、エクリン汗腺について説明します。

 

エクリン汗腺は、体全身に分布していて、
直径0.4mmという小さな組織なので、小汗腺とも呼ばれています。

 

皮膚の表面から1~3mmほどの所にあり、比較的浅い部分にあって、
皮膚表面に開口して汗を分泌しています。

 

いわゆる一般的に言われている、暑い時にかく汗の事ですね。
hifudanmenzu
手書きです。下手ですが大目に見てください(笑)

このエクリン汗腺から分泌されるものは、エクリン汗といって、
皮膚表面で蒸発することで、気化熱を放出させ、体温を下げる働きがあります。

 

暑い時に汗をかくのは、このような作用によって体温を下げることが目的です。

 

そのエクリン汗の成分の99%は水分で、わずかに塩分を含む程度で、
汗自体は無色、無臭でサラリとしているのが特徴です。

 

つまり汗自体は全く臭いがないという事です。

 

これがどうして汗臭くなるのかというと、
かいた汗をそのまま皮膚の上で放置する事で、
皮膚上の汗で雑菌が繁殖して、臭いを出してしまうからです。

 

このエクリン汗腺は皮膚の1㎝四方に平均100個ほどもあり、
体全身では、約230万個も存在しているといわれています。

 

そしてこれら全体で1日で約1.5~2リットルもの汗を出しています。

 

イラスト

多汗症と関連が深いのもこのエクリン汗腺であり、
ちょっとした気温の変化や、精神的な緊張、ストレスなどで
大量の汗をかいてしまう人は、このエクリン汗腺の働きが
異常に活発な人という事が言えます。

コメントを残す