手掌多汗症は交感神経遮断術という手術で治せますが、、、

なぜ手から汗が出るのかというと、
精神的な興奮や緊張などによって、
脳の中にある視床下部から、
交感神経へ汗を出すように命令が出されることが原因です。

 

その命令は、電気刺激となって、視床下部から脊髄の中を通っている中枢神経へ流れ、
胸椎まで下ると、交感神経節に集まり、そこから末梢神経を経て、
手のひらの汗腺に到達して汗をかかせるようになっています。

 

手のひらからの異常発汗は、こうした交感神経の流れが
人並み以上に亢進していることによって引き起こされています。

 

ですので、こうした電気的な流れを外科的手術によって遮断すれば、
汗を止めることができます。

 

そして、そうした手術の事を交感神経遮断術といいます。

ID-100156704

しかし、交感神経遮断術に関しては、あらゆる可能性を考えて
慎重に検討しなければいけません。

 

交感神経遮断術とは、手のひらの発汗を促している交感神経自体を
手術によって、切断したり焼却したりして、電気信号を通らなくする方法ですので、
汗の減少にはとても有効な方法といえます。

 

人によっては、手術後には逆に、保湿クリームが手放せなくなるほどです。 

ID-10055100

しかし、ここで問題なのは、
手のひらの汗は減りますが、他の部位からの汗は増えてしまいます。

 

このブログでも何度か書いていますが、
代償性発汗という現象が起こる確率が非常に高いです。

 

手のひらの汗は確かに減りますが、その代わりに背中や胸や下半身など、
他の部分からたくさんの汗が出るようになります。

 

どの部分から汗が出るようになるのかは人それぞれで
手術前には分かりません。

 

汗の出る場所、その量によっては、下着を1日に何度も着替えなくてはならないほどの
大量の代償性発汗に悩まされることになり、
手のひらの汗の時以上に、日常生活に支障をきたす場合もあります。

交感神経遮断術について

交感神経遮断術は、後戻りができない手術です。決して他人の体験談やひとつの病院の意見だけで、簡単に決めるべき問題ではありません。多くの専門医と相談した上で、慎重に検討するようにしましょう。

コメントを残す