多汗症は生活習慣病?~江戸時代にも多汗症の人はいた?~

多汗症は汗腺類の機能が衰えた為、もしくは正常に
機能しない為に、起こっている症状とも言えます。

 

では、どうして汗腺類の機能が低下してしまうのでしょうか?

 

例えば、江戸時代に住んでいた人たちの夏の過ごし方について考えてみましょう。

 

江戸時代ですからもちろんクーラーはありません。
しかし、夏の暑い時期には様々な工夫をして暑さ対策を行っていました。

a0050_000377

まずは、すだれがありますね。
すだれは外からの直射日光は遮断しますが、風は通してくれます。

a0782_000996

これだと部屋の中に熱がこもらなくて、風通しのよい状態を保ってくれて
快適に過ごす事ができます。

 

それから、打ち水もよく行われていたようです。
打ち水とは、家の玄関の前に水をまいたりすることですね。 

a0001_017071

これは水が気体に変化する時に、周りの熱を奪って蒸発する気化熱という現象を
利用して涼しくしています。

 

当時の人々は気化熱なんて現象を理解していたわけではないですが、
水をまけば涼しくなる事を経験的に知っていたんでしょう。

 

ちなみに、打ち水は日陰にすることでその効果が長持ちしやすいらしいです。
日が当たっているところに打ち水をしても、すぐに乾いてしまい、
あまり意味がないそうです。

 

このように電気のない時代でも色々な工夫をして、暑さ対策を行っていましたが、
共通して言えるのは、どれも自然の力を利用しているという事です。

 

そして、自然の環境、気温を元にして、
無理のない範囲で涼をとっているともいえるでしょう。

 

このような暑さ対策は、人間の汗腺類の機能に悪影響を及ぼす事はありません。

 

暑くなれば、それを皮膚が感知して、汗を出す命令を出してくれますし、
徐々に涼しくなれば、それも感知して、汗をひかせてくれます。

 

1日24時間いつでも、自然の気温の変化に伴って、
きちんと汗腺機能が働いてくれています。

 

こうした環境では、汗腺機能が低下する可能性は低いので、
おそらく多汗症に悩んでいる人は少なかったと想像できます。

 

しかし、現代の社会はどうでしょう。

 

夏の暑い日でも、1日24時間クーラーの効いた部屋の中に
閉じこもりっぱなしで生活している人も多いです。 

a0001_017040

そして、そこから一歩でも屋外に出てしまうと
今度は急激な外気温にさらされて、皮膚温度が一気に上昇してしまいます。

 

自然の中でゆっくりとした気温の変化の中で生活していた江戸時代の人とは
全く異なった温度環境での生活スタイルですね。

 

こうした人口的な温度変化が汗腺類の機能を狂わしているわけです。
そういった意味では、多汗症は一種の生活習慣病ともいえるでしょう。

 

江戸時代のような生活を送ることは
多汗症改善にも通じるところがありますので、見習いたいですね。

コメントを残す