多汗症改善には汗腺を弱めるのではなく強めることが必要

多汗症というのは汗がたくさん出る病気ですので、
汗の出る仕組みを理解していないと、
どうやったら汗が出ないようになるか
と考えてしまいがちです。

 

しかし、汗が出ないようになるとは、汗腺機能が弱くなる事でもありますので、
そうなると逆に汗がたくさん出てしまうことになりかねません。

 

なぜかというと、汗腺機能が弱まってしまうと、
それを補おうと大粒の汗をかいてしまうようになり、
皮膚上に出たとしてもなかなか蒸発しにくくて
いつまでも皮膚上に残ってしまうベトベトした汗に
なってしまう場合もあるからです。

 

ですので、温熱性発汗での多汗症の場合は、
汗腺機能を弱くして、汗をかかないようにするのではなく、
汗腺機能を強くして、小粒の汗を適度にかくようにしたほうが良いです。

 

そして、そうした汗腺機能の強化の為には、
身近にできるものとして半身浴がお勧めです。

 

全身浴ではなくてあくまでも半身浴です。

ID-10076413

汗の役割は体温を下げる事であり、その為には皮膚上に出たときに、
蒸発して気化熱を奪う必要があります。

 

ですので、ただ汗を出しているだけでは、汗をかいている意味がないと言えます。

 

全身浴で肩までお湯につかると、体が温まって汗が出ますが、
汗は蒸発せずにお湯と混ざってしまい、
体温調節の役目を果たしていない無駄な汗とも言えます。

 

しかし、半身浴にすると、
上半身から出た汗はお湯と混ざることなく、
皮膚上にとどまることとなり、それが蒸発する事で体温を調節する役割を果たしてくれます。

 

汗腺の本来の機能を促進させる入浴方法ですので、
試してみる価値はあると思います。 

ID-10086858

入浴方法は37~38℃ほどのぬるめのお湯に、おへその上辺りまで入ります。
足首を上下に動かしたり、下半身をマッサージしながら入ると、
体の芯まで温まって、発汗効果が期待できます。

 

多汗症だからといって、汗を出さないようにするのではなく、
小粒の汗を適度にかくことが重要です。

 

その為には上記のような半身浴を試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す