皮膚の老化防止には汗は必要不可欠~表皮ブドウ球菌との関係~

多くの汗を出す人は、代謝が良くて、
汗腺類も活発に活動している事になります。
そして、その影響で皮膚自体も若々しく、
つやがあって健康的な人が多いです。

 

つまり、汗を出すことで皮膚の老化を防いでいるわけですね。
しかし、それは汗と一緒に老廃物も排出しているからではありません。

 

汗の成分は99%が水であり、僅か1%の中には、乳酸や尿素などの
老廃物も含まれてはいますが、それらが排出されても皮膚の健康には関係ありません。

 

では、なぜ汗が出ると皮膚の老化防止につながるのかというと、
皮膚には皮脂腺というものが存在していて、ここから脂肪分を分泌していますが、
それが汗と混ざり合う事で、皮膚表面に薄い膜を形成し、
それが皮膚を保護する役割をしているからです。

ID-10045365

また、このような皮膚環境は、表皮ブドウ球菌が快適に住める環境でもあります。

 

表皮ブドウ球菌は皮膚上に存在している常在菌のひとつで、
皮膚を健康な状態に保つ役割があります。

つまり、汗が出る事で、皮膚上に皮脂膜を形成し、
肌を健康に保つ表皮ブドウ球菌が住めるような環境になっている為に、
皮膚が若々しくなっているわけです。

 

更には、汗をかく事で代謝が良くなり、血行も良くなっているので、
酸素を皮膚の隅々まで運ぶことができ、皮膚の細胞の新陳代謝も促進されていきます。 

ID-100110830

通常は、年齢を重ねていくと、汗腺の機能が低下して、
徐々に汗が出なくなり、乾燥肌になりやすく、
それに伴って皮膚も老化していきます。

 

こうした状態を防ぐ為には、
若いうちから十分に汗をかいて、汗腺の機能低下を予防しておくことが、
ひいては皮膚の老化防止にもつながっていくことになります。

コメントを残す