高齢になるほど汗をかきにくくなる?それともかきやすくなる?

一般的に考えると、汗は高齢になるほどかきにくくなっていくものです。
なぜならば、汗腺の機能というのは、年齢とともに衰えていくからです。

 

年をとると、乾燥肌になりやすいと言われますが、
これは汗腺機能の低下と関係があります。

 

つまり、発汗の役割を持っているエクリン汗腺や、
皮膚上の油分の補給を行っている皮脂腺の機能が年齢と共に老化する為、
皮膚上に水分や油分が行き渡らない事で乾燥肌になってしまうわけです。

a0800_000679

しかし、女性の場合は、必ずしもそうなるとは限りません。
なぜかというと、発汗作用は男性ホルモンが促していて、
女性ホルモンがその働きを抑制しているからです。


つまり、年をとって女性ホルモンの分泌量が低下すると、
発汗作用の抑制力が弱まる事になり、
相対的に男性ホルモン優位の状態となるので、
女性の場合は、年齢と共に汗をかきやすくなることもあります。

女性が更年期になると、多汗症に悩まされることがありますが、
上記のような要因が関係しています。

 

また、更年期に起こる多汗症は首や顔に多いのが特徴で
これをホットフラッシュとも呼びますが、それも汗腺の老化が関係しています。

 

どういうことかというと、
汗腺は下半身から老化しやすく、その機能も衰えていく為、
代償的に上半身、特に顔の部分の汗が多くなるので、
ホットフラッシュのような症状が現われてくるようになります。

コメントを残す