汗を拭き過ぎると余計に汗が出てくる?

蒸し暑い夏の季節になると、誰でも汗をかくものです。

 

そうした場合、几帳面な人、神経質な人は、
汗が出るのを気持ち悪く感じてしまい、すぐに拭き取ろうとしてしまいがちです。

 

しかし、汗の拭き方によっては、その後の汗の出る量が変わってきたりしますので、
正しい汗の拭き方を知っておいたほうが良いでしょう。

 

上記で挙げたように、
汗をかくたびに絶えずハンカチやタオルなどでこまめに汗を拭き取っていると、
逆により多くの汗が出てきて、いつまでも汗が止まらないことになってしまいます。

 

なぜこのような事が言えるのかというと、汗の役割を考えてみると明らかです。

 

汗とは皮膚上に出てきて気化熱を奪い、
蒸発する事で体温を下げる役割をもっています。

 

体温が下がる事で、汗の目的を達する事ができ、
徐々に汗が出ないようになっていきます。

 

しかし、汗が出るたびにこまめに拭き取ってしまうと、
皮膚上で蒸発する事が出来なくなりますので、
結果として体温を下げる役割を果たすことが出来なくなります。

 

そうなると、視床下部にある体温調節中枢は、体温が下がらない為に
いつまでも汗を出させる命令を出し続けてしまい、
それによって発汗作用が収まらず、ずっと汗をかくことになってしまいます。

 

ですので、こまめに汗を拭き取るのは間違った方法といえます。

a0002_006348

ではどうすれば良いのかというと、
流れるような汗については軽く拭き取るようにして、
皮膚表面については、しっとりと汗で湿った状態に保っておく事がベストです。

 

たくさんの汗を拭くだけなら、乾いたタオルを用います。
しかし、汗の臭いも気になるようなら、臭いの成分は水溶性ですので、
少し湿ったタオルで吸い取るように軽く拭き取るのが良いでしょう。

 

ただし、汗を放置していると”あせも”になりやすい人は、
自分の体質に合わせて適切にきちんと拭き取るようにした方が良いでしょう。

ちなみに、これらは体温調節の役割としての温熱性発汗の場合の対処法であって
多汗症における精神性発汗の場合は、この限りではありませんので、
その点は注意してくださいね。

コメントを残す