興奮や緊張、ストレスによって引き起こされる精神性発汗のメカニズム

外気温が高い時、運動した時、辛いもの食べた時、
汗をかくのは生理的な現象ですので、何も問題はありません。

 

また、興奮したり、緊張したり、ストレスを感じている時に
手や脇に汗をかく事も普通に起こりえる事です。

 

その興奮や緊張場面から離れれば、自然と汗は引いていきます。

 

しかし、緊張による発汗のメカニズムが何かしらの原因で、常に機能してしまい、
特に緊張する場面でもないのにいつでも手のひら、足の裏などから
大量に汗が出てしまう症状の事を多汗症といいます。

 

なぜ手のひら、足の裏から汗が出るのかというと、
その部位には特に汗腺が多いからなのですが、
実は、それ以外にも心の問題が大きな要因ともなっているので、
これらの部位からの発汗を「精神性発汗」と呼んでいます。

 

また、緊張して大汗をかいて、それを周囲の人に見られてしまい、
恥ずかしい思いを経験してしまうと、それ以降も、
汗をかくのではないか
汗をかいたのが皆に知られてしまうのではないか
という不安な気持ちを持ってしまうことがあります。

こうした心理状態を予期不安といいます。

ID-10025695

潜在意識の中にこの予期不安があると、
脳の中は常に汗に関して緊張を強いられる事になります。

 

そうなると、脳の中の視床下部にある体温調節中枢は、
普段の緊張と予期不安による緊張の区別ができずに、
ただ「汗をかくかも」と思っただけで、発汗命令を交感神経に出してしまいます。

 

その結果、手のひらや足の裏から本当に汗が出てしまいます。

 

更にその時、「もっと汗をかいたらどうしよう」とますます不安が大きくなると、
緊張も増え、ストレスも増え、発汗中枢も多くの緊張情報を受け取ってしまうので、
その分もっと多くの汗をかかせる事になります。

 


精神性発汗を改善するには、外科的な手術ではなく、こうした不安を取り除く事が先決となります。

コメントを残す