人間が生きていくうえでは、汗は必要不可欠な機能

多汗症の人、またはそこまでいかなくても
人並み以上に汗をかいている人にとっては、
汗というのは厄介な存在ですが、
人間が生きていく上では、汗はなくてはならない機能のひとつです。

 

毎日何気なくかいている汗ですが、これには重要な役割があり、
もし汗をかかなかったら、人間の体はとても危険な状態になってしまいます。

 

人間が活動する為には、体を動かす為のエネルギーが必要となります。

 

エネルギーは、食事という形で食べ物を体内に摂取して、
それらを分解・合成することで得る事ができます。

 ID-100106142

その際、細胞レベルでは体内に存在するさまざまな酵素が使われて
化学反応や代謝が行われます。

 

体が代謝を始めると熱が発生します。
そうなると体温がどんどん上昇していきます。

 

人間の体温は42℃前後まで上がってしまうと、
体内のタンパク質が熱によって固まって変成してしまい、
元の状態に戻れなくなるので、その結果死んでしまう事になります。

 

そうならないように、人間は汗をかくことで体温を下げて、
熱から体を守っているわけです。

 

一般的には、
人間の体の機能を最適に維持する体温というのは、37℃弱とされていますが、
それは脳細胞の酵素の活性が最も高まる温度が37℃弱だからです。

ID-100110567

ちなみに体温の調節機能の役割を果たしているのは、
脳の中の視床下部という部分で、
この視床下部からの指令によって汗の量が調節されています。

コメントを残す