多汗症チェック!これらの項目に当てはまりますか?

汗の悩みはとてもナイーブな問題です。
もしかして自分の大量の汗を見て、周りに不快な思いをさせているのでは?
と思いながらも、誰にも相談できずに1人で悩んで生活している人も多いです。

 

多汗症といっても、その程度によっては、
単に人より多少汗っかきなだけという場合もあったり、
逆に、異常なほど汗が滴り落ちる人もいます。

 

多汗症には精神的な要因が多く含まれていますので、
以下のような特徴を持っている傾向があります。
あなたはこれらの項目に当てはまりますか?

ID-100129425

多汗症チェック

緊張したり、興奮したりすると、すぐに汗ばむ
ストレスを溜め込みやすい
冬でも汗をかくことが多い
靴や靴下が臭う

 

緊張したり、興奮したりすると、すぐに汗ばむ

気温が高い場合だけでなく、精神的な緊張を受けると人間は汗をかきます。
これ自体は正常な生理現象ですので問題はありません。

 

しかし、あまりにも大量の汗を書く場合には、
自律神経に変調をきたしている場合もあり、多汗症の疑いがあります。

 

ストレスを溜め込みやすい

ストレスを受けると、汗の原因となる汗腺類にも影響を与えてきます。
その為、ストレスは多汗症を増幅させる要因のひとつと考えられています。

 

最近、日本では多汗症の人が増えている傾向にありますが、
この背景には現在のストレス社会が関連していると言われています。

 

冬でも汗をかくことが多い

エクリン汗腺からの発汗は、汗をかく事で熱を発散させ、
体温の上昇を防ぐ事が主な役割です。

 

ですので、冬には体温の上昇は起きにくいので、
基本的にはエクリン汗腺は活発に活動する事は少ないはずです。

 

しかし、そうした冬でも大量に汗をかく場合は、
生理的な反応ではない可能性が高いでしょう。
よって、多汗症の疑いが強いといえます。

 

靴や靴下が臭う

足の裏には汗腺がたくさん存在しています。
その為、多汗症の人は、常に靴の中がじっとり湿っている事が多いようです。
靴の中は密封性が高い為、蒸れやすく、臭いを発しやすいですが、
あまりにも臭う場合は、多汗症を疑ってみるべきでしょう。

コメントを残す