多汗症はワキガの間接的な原因になる

多汗症だからワキガになるとか、
ワキガだから多汗症になるというわけではありません。

 

たくさん汗をかいたとしても、それが体温調節を
目的としたエクリン汗であれば、ワキガ臭は発生しません。

 

ワキガが発生する最大の原因はアポクリン汗です。

皮膚についたアポクリン汗が常在菌により分解されることで発生される腐敗臭が
ワキガと呼ばれています。

 

ですので、ワキガ発生にはエクリン汗は直接的には関係していません。

 

しかし、多汗症による大量のエクリン汗は、
アポクリン汗を皮膚の広範囲に広げる役割を果たしてしまいます。

ID-10099802

アポクリン汗が皮膚に付着し、それがエクリン汗によって広範囲に広められると、
それだけ臭いの元が広がることになりますので、
ワキガ臭を発散させやすくなってしまいます。

 

実際、ワキガ体質の人でも汗をかいていなければ、それほど臭わないのに、
汗をかいた途端にワキガ臭がするという人も多いです。

 

ですので、多汗症の人はアポクリン汗を広めやすいという点では、
ワキガに悩む可能性が高くなるといえるでしょう。

ワキガと汗の関連

大量の汗そのものは、ワキガの直接的な原因ではありませんが、ワキガを広めるという意味においては、間接的な原因となるんですね。


コメントを残す