汗腺が退化すると風邪をひきやすい体質に変わってしまう

日本は春、夏、秋、冬と1年を通して様々な季節の移り変わりがありますが、
その分、気温の変化が大きい国ともいえます。

 

そして人間の体には、その気温の変化に適応できるような仕組みがあります。

 

冬になれば基礎代謝を高め、夏は逆に基礎代謝を抑えめにすることで
季節の変化に体を慣らしています。

 

具体的には、
冬には、寒さへの対応から熱を体外に放出しない為に
血管を収縮させて汗を抑えるように作用します。

夏には、暑さへの対応から熱を体外へ放出する為に、
血管を拡張して、汗腺を積極的に働かせる、
といった作用をしています。

a1180_010399

こうした働きは、太古の昔から、日本という土地に住む人類なら
誰でも行ってきた体内の作用です。

 

体自身が季節を感じていて、それに適切に対応していた、
と表現することもできるでしょう。

 

しかし、現代では様々な場所で冷暖房が完備されていて、
季節を感じることがなくなってきています。

 

暑いと思ったら、急に寒くなったり、
寒いと思った次の瞬間には、暑くなったりと
冷暖房の影響で、皮膚上に存在する温度センサーの感覚が麻痺しがちです。

 

その結果、夏の冷房が効きすぎると、皮膚は低温に対して
過剰に反応するようになってしまい、ちょっとした寒さの刺激でも
皮膚の血管が必要以上に収縮してしまうことになります。

 

例えば、猛暑の中を歩いてきて、その直後すぐに冷房の効いたオフィスに入ると、
皮膚が冷たい気温に過剰に反応して、全身の血管を異常に縮めてしまいます。

 
こうしたことが続くと、俗に言う「冷房病」という症状になって、
喉がいがらっぽくなったり、軽い咳や鼻水といった事が起きたり、
または、だるい、疲れやすい、といった自律神経失調症の症状も起きてきます。

a0002_008006

また、全身が冷えて汗腺の機能が低下すると、
汗の中にある免疫グロブリンの分泌が低下してきます。

 

免疫グロブリンは、体内に侵入しようとする病原菌やウイルスと結合して、
その侵入を防いでくれる役割を持っています。

 

つまり、免疫グロブリンの分泌が低下する事で、
風邪ウイルスへの抵抗力も弱くなってしまいます。

 

となると、夏が過ぎ、冬になった時には、
風邪をひきやすい体質に変わってしまう事にもつながります。

 

あなたが冬の季節に風邪を引きやすいのは、
もしかしたら、夏の間、冷房にあたり過ぎた事が原因かもしれませんよ。

コメントを残す