体温調節機能が不完全な状態の子供が増えている

現代の日本では体温調節機能が不完全な状態の子供が増えています。

 

つまり、
暑くなってもあまり汗をかかないと思ったら、
次の瞬間、突然に大汗をかいたりする子供がいます。

 

汗の本来の目的は、体温調節することですが、
このような極端な汗のかきかたでは、その目的を達成することはできません。

 

流れるような大汗というのは、蒸発しにくいので、
体温調節の効果が期待できないんですね。

 

逆に、
寒い時には体を震わせて、熱を作り出そうとする機能が人間にはありますが、
そうした震えが起きなかったり、また、それほど寒くもないのに、
本人も抑えることができないほどの強い震えが起きてしまう子供もいます。

 

なぜこのような事になってしまったのか。。。

 

それは現代の子供は、体温を調節する訓練をしていないからです。

 

訓練といっても特別な事をする必要はありません。

暑い時に汗をかく

ただそれだけの事です。

ID-100173409

3歳までに汗腺機能は出来上がる

しかし、ひとつだけ重要なことがあります。

 

それは、人間の汗腺が出来上がるのは3歳頃までなので、
汗かきの習慣はその頃までにしておかなければいけない
という事です。

 

もっと厳密に言うと、
人間が自分で熱をつくる能力は、
生まれてから2週間ほどで決まってしまいます。

 

その時期に保育器や冷暖房完備の部屋などで
ずっと一定の温度の中で過ごしてしまうと、
気温を感じる皮膚の受容期が不完全になりやすいです。

 

つまり、こうした時期にキチンと汗をかかないと、
汗腺が未発達のままで育ってしまい、まともに汗をかけない
体温調節の下手な人間になってしまうんですね。

ID-100192495

たしかに生まれたばかりの赤ちゃんが、
夏の暑いさなかに寝苦しそうに泣くのを見るのは忍びないでしょう。
冬の寒いさなかに厚着をさせて少しでも寒さを和らげてあげたいと思うでしょう。

 

しかし、これでは子供の汗をかく能力は失われてしまいます。

 

将来、多汗症になるかどうかは、親の育て方も関係しています。
必要以上に過保護にせず、暑い時には汗をきちんとかかせるようにしたいですね。

コメントを残す