デスクワークの仕事がメインで、
毎日快適な室内温度の中で長時間過ごす、
という生活を続けていると、運動不足の状態になり、
また、汗をかく機会も減っていきます。

 

そうなると、汗腺が働かなくなるので、その機能は徐々に低下します。

「運動不足と快適な室温での長時間作業が多汗を招く」の続きを読む…

人間の皮膚上には温度受容器があり、
また体の深部にも温度センサーが存在していいます。
こうした温度調節器官が常に体温の変化を感じ取っています。

 

皮膚上の温度受容器は、主に外気温が急激に変化した時に反応し、
体の深部の温度センサーは、体温が変化した時に反応します。

「外気温の急激な変化に皮膚上の温度受容器が正しく反応できていない」の続きを読む…

蒸し暑い夏の季節になると、誰でも汗をかくものです。

 

そうした場合、几帳面な人、神経質な人は、
汗が出るのを気持ち悪く感じてしまい、すぐに拭き取ろうとしてしまいがちです。

 

しかし、汗の拭き方によっては、その後の汗の出る量が変わってきたりしますので、
正しい汗の拭き方を知っておいたほうが良いでしょう。

「汗を拭き過ぎると余計に汗が出てくる?」の続きを読む…

外気温が高い時、運動した時、辛いもの食べた時、
汗をかくのは生理的な現象ですので、何も問題はありません。

 

また、興奮したり、緊張したり、ストレスを感じている時に
手や脇に汗をかく事も普通に起こりえる事です。

「興奮や緊張、ストレスによって引き起こされる精神性発汗のメカニズム」の続きを読む…

人間の体の中で最も盛んに代謝が行われている部分は脳細胞です。
もちろん外気温のちょっとした変化にも敏感に反応します。

 

そして、体温調節を司っているのは、脳の中の視床下部という部分であり、
脳細胞が一番活動しやすい37℃弱を目安にして調整を行っています。

「発汗が起こるまでの体内での情報伝達の仕組み」の続きを読む…