夏の間、冷房の効き過ぎた部屋の中にいたり、
猛暑の中を歩いた後、直に冷房の効いた建物の中に
入ったりして、自然の変化ではない、
人工的な温度の変化に晒されていると、
皮膚上にある温度感知センサーの働きが狂ってしまいます。

 

となると、自律神経のコントロールも乱れてきてしまい、
それによって汗腺機能も正常に働かなくなってきてしまいます。

「汗腺機能が低下すると熱中症にかかりやすくなる」の続きを読む…

デスクワークの仕事がメインで、
毎日快適な室内温度の中で長時間過ごす、
という生活を続けていると、運動不足の状態になり、
また、汗をかく機会も減っていきます。

 

そうなると、汗腺が働かなくなるので、その機能は徐々に低下します。

「運動不足と快適な室温での長時間作業が多汗を招く」の続きを読む…

多汗症とは、文字どおり大量の汗をかく事ですが、
単なる汗っかきと多汗症とは、別物と考える向きもあります。

 

日常生活において、汗をかくという事は、
外気温が暑い時や運動をした時、または食事する事によって
上昇してしまう体温を下げる為の生理的現象です。

「多汗症は全身性多汗症と局所性多汗症に分けられる」の続きを読む…

現代の複雑な社会生活の中では、
私たちは常に様々なストレスを受けています。

 

会社や学校、地域でのご近所付き合いなど、
人間関係はますます複雑化していますし、
本来なら一番落ち着けるはずの家庭内でも、ストレスを受けている人がたくさんいます。

「緊張やストレスが多汗症を促進させ、臭いを強くする」の続きを読む…