もしかして多汗症かも?」と思っている人の中には、
実際にはそれほど多く汗が出ているわけではないのに、
感覚的に多くの汗をかいていると誤解している人もいます。

 

そうした誤解している人には、以下の2つのタイプがあります。

「多汗症の人は汗をかきやすくしたほうが良いのか?かきにくくしたほうが良いのか?」の続きを読む…

暑くなった時に体温を下げる為に出る汗は、
体にとっては必要な機能ですので、
ある程度の汗の量は仕方ないとも言えます。

 

しかし、快適な温度の室内にいるにも関わらず、
緊張やストレスなどでかいてしまう汗は、精神性発汗と呼ばれていて、
あまりにも多く出てしまうと、日常生活にも悪影響を及ぼしてしまいます。

「汗を必要としない快適社会と必要以上に汗をかいてしまうストレス社会とのギャップ」の続きを読む…

自律神経失調症の人が必ず多汗症になるわけでは
ありませんが、多汗症になりやすい傾向にあると言う事はできます。

 

自律神経失調症は、その名の通り自律神経のバランスが乱れる事の総称です。
ですので、自律神経のバランスが乱れた結果、
その症状が体のどこに表われるかは人によって異なってきます。

「自律神経失調症の人は多汗症になりやすい?」の続きを読む…

原因

自分なりにいろいろ試してみたけど、
どうやっても汗を抑えることができない場合は、
病院へ行って治療してもらう選択肢もあります。

 

自分の多汗が精神性発汗であると分かっている場合は、
心療内科へ行く事をお勧めしますが、
原因がよく分かっていない場合は、とりあえず皮膚科へいって
その症状を診てもらったほうが良いでしょう。

「病院での汗の治療法—精神分析療法、ロゴセラピー」の続きを読む…

外気温が高い時、運動した時、辛いもの食べた時、
汗をかくのは生理的な現象ですので、何も問題はありません。

 

また、興奮したり、緊張したり、ストレスを感じている時に
手や脇に汗をかく事も普通に起こりえる事です。

「興奮や緊張、ストレスによって引き起こされる精神性発汗のメカニズム」の続きを読む…