人間の体の中で最も盛んに代謝が行われている部分は脳細胞です。
もちろん外気温のちょっとした変化にも敏感に反応します。

 

そして、体温調節を司っているのは、脳の中の視床下部という部分であり、
脳細胞が一番活動しやすい37℃弱を目安にして調整を行っています。

「発汗が起こるまでの体内での情報伝達の仕組み」の続きを読む…