外気温が高い時やスポーツなどの運動をした時に
汗をかくことは、体温調節の為に必要な行為であり、
誰にでも起きる当たり前の生理現象です。

 

しかし、汗で悩んでいる人のほとんどは、
暑くもないのに、大量の汗が噴出してしまいます。

「精神性発汗の原因は緊張やストレスによる自律神経のバランスの乱れ」の続きを読む…

原因

ワキガならば、体が成長する思春期あたり、
年齢でいうと12~17歳頃までに発症するケースが
多いですが、腋窩多汗症の場合は、発症する年齢は
人によって様々に違ってきます。

 

思春期頃に起きるケースもあれば、
20代を過ぎてから発症するケースもあります。

「腋窩多汗症には発症時期があるのか?」の続きを読む…

脇汗

健康な人の汗は無味無臭なので、
そのままでは臭う事はありません。

 

逆に言えば、汗が何かしらの臭いを発していれば、
体調のバランスが崩れている、もしくは何か病気になっている可能性もあります。

「汗の臭いによって糖尿病などの病気、体調の変化が分かる」の続きを読む…

暑くなった時に体温を下げる為に出る汗は、
体にとっては必要な機能ですので、
ある程度の汗の量は仕方ないとも言えます。

 

しかし、快適な温度の室内にいるにも関わらず、
緊張やストレスなどでかいてしまう汗は、精神性発汗と呼ばれていて、
あまりにも多く出てしまうと、日常生活にも悪影響を及ぼしてしまいます。

「汗を必要としない快適社会と必要以上に汗をかいてしまうストレス社会とのギャップ」の続きを読む…

自律神経失調症の人が必ず多汗症になるわけでは
ありませんが、多汗症になりやすい傾向にあると言う事はできます。

 

自律神経失調症は、その名の通り自律神経のバランスが乱れる事の総称です。
ですので、自律神経のバランスが乱れた結果、
その症状が体のどこに表われるかは人によって異なってきます。

「自律神経失調症の人は多汗症になりやすい?」の続きを読む…

原因