普段私たちが「暑いなぁー」とか、
「今日は冷えるなぁー」とか、感じたりするのは、
こうした温度の変化を感じ取るセンサーが
体に備わっているからです。

 

では、体のどこにセンサーがあるのかというと、
皮膚上に存在しているのはもちろんですが、
それ以外にも、にも温度を感じるセンサーは備わっています。

「皮膚と脳の2か所のセンサーで温度を感じる」の続きを読む…

夏の間、冷房の効き過ぎた部屋の中にいたり、
猛暑の中を歩いた後、直に冷房の効いた建物の中に
入ったりして、自然の変化ではない、
人工的な温度の変化に晒されていると、
皮膚上にある温度感知センサーの働きが狂ってしまいます。

 

となると、自律神経のコントロールも乱れてきてしまい、
それによって汗腺機能も正常に働かなくなってきてしまいます。

「汗腺機能が低下すると熱中症にかかりやすくなる」の続きを読む…

人間の体というのは、どの部分でも、使わないとなまってきます。

 

ずっと座りっぱなしの生活を続けていると、
足腰が弱くなります。
頭を使わない生活を続けていると、
脳の神経細胞の結びつきが弱くなります。

「日常生活の中で汗腺を鍛える最も効果的な方法とは?」の続きを読む…