多汗症自体は、それが精神的な緊張やストレスなどが原因で起こっている場合、
命の危険に関わる問題ではないので、放っておくという選択肢もありますが、
大量の汗は、社会生活を営む上では
大きなマイナス要因となってしまう可能性があります。

「多汗症が苦痛なのではなく、それによる周りの反応が苦痛」の続きを読む…

日本では欧米とは違い、体質的に多汗症や
ワキガの人は少数派なので、汗や人の臭いに
敏感に反応しやすい傾向にあります。

 

しかも近年は、清潔指向消臭指向が高まっていて、
多少の汗や臭いにも嫌悪感を示すようになっています。

「マスコミによる異常な清潔指向の押し付け」の続きを読む…

多汗症やそれに伴う臭いについて、
正しい知識を持っている人はほとんどいないでしょう。

 

自分自身が多汗症でなく、それほど臭いも
きつくない人だった場合、そうした情報を自分から
調べたりする事は全くないはずです。

「多汗症と強い臭いは社会生活でマイナス要因」の続きを読む…