脇汗がすごいと本人が思っていても、
周りからしたらそれほどでもない場合もあります。

 

例えば、脇の下がいつもじめっと湿っているとか、
夕方になると衣類の脇の下に汗ジミが出てくる程度なら
こまめに脇の下の汗を拭いたり、
脇汗パッドを利用したりする事で自己管理ができます。

「脇汗を手術で改善させるのはあくまでも最終手段です」の続きを読む…

暑くなった時に体温を下げる為に出る汗は、
体にとっては必要な機能ですので、
ある程度の汗の量は仕方ないとも言えます。

 

しかし、快適な温度の室内にいるにも関わらず、
緊張やストレスなどでかいてしまう汗は、精神性発汗と呼ばれていて、
あまりにも多く出てしまうと、日常生活にも悪影響を及ぼしてしまいます。

「汗を必要としない快適社会と必要以上に汗をかいてしまうストレス社会とのギャップ」の続きを読む…