エクリン汗腺は高性能で高機能

人間の体の汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類あります。

 

そして、私たちが普段かいている汗というのは、
エクリン汗腺から出てくる汗のことを言っています。

 

このエクリン汗腺は、体の熱をまんべんなく下げる為に
全身に存在しています。

 

体のどの部分にも基本的には存在しているのですが、
強いて言えば、唇や耳の外耳道など、ごく一部分だけは存在していません。

 

このように体全体に分布しているエクリン汗腺ですが、
その数は、少ない人でも200万個、多い人では500万個もあります。

 

これを、皮膚の1㎝四方で計算してみると、
100個以上も存在している事になります。

ID-100147742

今あなたの皮膚をどこでも良いので見てみてください。
その皮膚の1㎝四方には、100個以上もエクリン汗腺が存在しているんですよ。

 

エクリン汗腺の大きさは60~80ミクロンほどなので、
目に見えなくて当然なのですが、その数の多さは信じられないですよね。

 

実は、エクリン汗腺がこれほど小さいのには理由があります。

 

どういうことかというと、エクリン汗腺が小さいという事は、
それだけ小粒の汗をかくようになります。

 

小粒の汗は大粒の汗と比較すると、
空気に触れる面積が大きくなり、その分蒸発しやすくなります。

 

つまり、限られた少ない量の汗で体温を効率よく下げることができるわけです。

ID-10052954

また、汗腺の数、その小ささだけでなく、
皮膚上に存在する位置にもその秘密があります。

 

エクリン汗腺は、皮膚のシワが交差したところに開口されています。

 

例えば、何もない平らな場所に水滴を落としても
その水滴は丸まったままで広がる事はありませんが、
溝のある部分に水滴を落とすと、
その溝に沿って水滴が引き伸ばされていきますよね。

 

それと同じ原理です。

 

皮膚のシワが交差したところにエクリン汗腺の出口がある事で、
出た汗がすばやく皮膚の表面に広がるように設計されているんですね。

 

人間の体は、汗だけをとってみても、
とても効率よく、高機能にできているんですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す