手汗治療プログラム(SCM)で手汗の悪循環から解放されましょう

手汗の悩みというのは本人にとっては
とても深刻な悩みなんですが、
他人にとっては、「そんなことどうでもいいじゃん」
という些細な問題に映ってしまいます。

 

他人ならまだしも、身内の家族でさえも、たとえ相談しても
真剣に受け止めてくれる事は少ないようです。

汗なんて拭けばいいだけでしょ
そんな事で病院へ行くの?
考え過ぎるからいけないんだよ

などと、適当に受け流されてしまい、余計に一人で思い悩む事になります。

 

私も学生時代から、多汗症で一人悩んでいましたので、
そうした体験もしてきています。

 

多汗症というのは、なりやすい性格というのもあるそうで、
一般的には、内向的で感受性の強い性格の人ほど、
多汗症になりやすいといわれています。

ID-10076014

そして、そうした性格が災いしてか、
子供時代のちょっとした出来事がきっかけで多汗症になっていることも多いです。

 

例えば、
学校でノートをつけていたら、ノートが手汗でグチョグチョになっていたのを
友達に見られて馬鹿にされた
ピアノの発表会などで緊張して大量の手汗をかいてしまい、
うまくできなかった
デート中に彼女の手を握りたいけど、手汗が気になって結局握れなかった

このようなちょっとした出来事がトラウマとなって、
心の奥深くに”汗が心配事“として根付いてしまい、
何かイベントなどがある度に、汗に気を取られるようになってしまいます。

 

そして、汗をかくまいと思うほど、余計に汗をかいてしまうようになります。

 

こうなってしまうと、心と体が条件反射的に汗と関連付けてしまうので、
ちょっとした緊張や僅かな温度の変化でも、
すぐに手のひらに異常なほどの汗をかき、
緊張とストレスと発汗の悪循環が永遠と続くことになってしまいます。 

ID-10033757

こうした悪循環を断ち切るには、
自分から何かしらのアクションをしていかなければいけません。

 

そして、正しい理論の元で、正しい手汗軽減の実践をしていくには、
手汗治療プログラム(SCM)が最適です。

 

この商材にはあなたの手汗の症状に合わせた最適な実践方法が
数多く提供されており、これらを実践すれば、
あなたは今後ずっと手汗に悩む事はなくなるでしょう。

 

これまでは条件反射的に汗が吹き出ていたのに、そうしたこともなくなります。
また、仮に汗が出てきたとしても、即効性のある治療方法
落ち着いて汗に対応することもできます。

 

既に3000人以上が実践している手汗治療方法です。
治療といっても手術のような危険なものではなく、
誰にでもできる簡単なものですので、安心してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す