皮脂腺からの分泌量で肌質が決まる

皮脂腺はアポクリン汗腺と同様に、
毛穴に開口していて、脂肪分を分泌する器官です。

 

ここから分泌された脂肪は、エクリン汗と混ざりあって、
皮膚表面や毛髪表面に薄い膜をつくり、それらの保護や保湿の役割を果たします。

 

hifudanmenzu
この脂肪分の分泌量が多過ぎると、肌がベトついて脂ぎった肌となり、
ニキビや吹き出物の原因になります。

 

逆に少な過ぎると、肌が乾燥して、カサつきやすくなり、肌荒れの原因になります。

 

肌のトラブルにはこの皮脂腺が密接に関連しています。

 

また、ストレスを受けると、皮脂腺が活発になり、
その時に分泌される皮脂は通常よりも臭いが強くなるという特徴があります。

 

その他、皮脂腺が活発になる原因としては、
肉中心の食生活、睡眠不足、水分の補給不足などが挙げられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す