ワキガは人から人へ伝染するのか?

ワキガの臭いの強い人が近くにいる場合、
その臭いが自分に伝染してしまうのではないのか、と本気で考えている人もいるようです。

 

しかし、これは明らかに間違いで、
ワキガというのはこのブログでも書いているように
あくまでも遺伝的な体質の問題ですから、
空気を伝わって、その臭い成分が他人に伝染するようなことは有り得ません。

 

その点は安心して良いです。

 

しかし、ワキガの人から衣服を借りたりして、
その衣服に、ワキガの原因となっているアポクリン汗腺からの分泌物が
付着したままだったりした場合、その衣服を脱いだ後には、
一時的にワキガ臭が付いてしまうことは可能性としてはあります。

 

特に、体に直に身につける下着類だったり、
運動した後の汗が染み込んでいるスポーツ用のユニフォームだったり、
そうしたものはワキガの臭い成分の元になっている分泌物が大量に含まれているので、
それらを着用するとワキガ臭が体に付着することはあります。

 

しかし、これらは単に体の皮膚上に臭い成分がくっついているだけですので、
通常通り、お風呂に入った時に石鹸で洗えば、においを取ることはできます。

ID-100132377

また、ワキガ体質の人とワキガ体質でない人とでは、
脇に棲みついている常在菌の種類や数が違っています。

 

ワキガ体質でない人は、表皮ブドウ球菌と呼ばれる細菌が多いのですが、
ワキガ体質の人は、ジフテロイド菌とよばれる細菌が多いのが特徴です。

 

そして、ジフテロイド菌は栄養分となる脂肪酸が存在していないと、
生きてはいけません。

ですので、ワキガの人から衣服を借りて、
その人のジフテロイド菌が、万が一、自分の脇に移ったとしても、
ワキガ体質でなければ、栄養分となる脂肪酸は存在しない、もしくは
非常に少ないはずですので、他人の脇では生きていくことはできず、すぐに死滅し、
その為、ワキガ臭も生成されないことになります。

以上の事から、ワキガというのは、決して他人に伝染することはないと
断言できるんですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す