精神安定剤を利用して多汗症を軽減させる事も

精神性発汗とは、緊張状態に置かれた時に
一時的に汗が大量に出るのが特徴です。

 

ですので、もしも、あらかじめ緊張する日や時間が
前もって分かっている場合は、
精神安定剤を服用するのもひとつの方法といえます。

 

例えば、仕事で大勢の前でプレゼンテーションをするとします。

 

この時、緊張して顔や手や脇の下に大量の汗をかけば、
周囲の目が気になることはもとより、
自分が緊張している事が周りにばれてしまう事で、余計に緊張にしてしまい、
更に汗が止まらなくなって、仕事どころではなくなってくるかもしれません。

ID-100160568

このような時には、そのプレゼンテーションの日時にあわせて
精神安定剤を服用すれば、緊張感が和らいで、
体から出る汗が抑えられて、汗に意識をとられる事なく、
円滑にプレゼンテーションをこなす事もできるでしょう。

 

このように、緊張する日時が前もって分かっている場合は、
その時間帯に効くように精神安定剤を服用するのは、
一時的な対処方法としては良いかもしれません。

 

ちなみに、精神安定剤は心療内科や精神科などを受診して、
専門医に相談して、自分に合ったものを処方してもらうようにしましょう。 

ID-10052655

ただし、精神安定剤はもちろん薬物ですから、使用方法を誤ると
副作用の問題があることを忘れてはいけません。

 

過剰に摂取したり、薬依存症にならない為にも、
自分勝手に服用する事は絶対に避けなければなりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す