脇汗が多いからといって、ワキガであるとは限らないですが、、、

緊張している時にだけ脇汗をかいてしまう症状のことを
緊張性の腋窩(えきか)多汗症ともいいます。

 

これは、その名のとおり、緊張場面の時に汗が
出てしまうので、自分の置かれた状況によっては、
対応が難しかったりします。

 

例えば、就職の面接試験や初めてのデートの時など
自分の人生における重要な場面では、汗が出ているのが分かっていても、
その場で対応する事が難しく、そうした事をたくさん経験していると、
汗に対して更に神経が敏感になってしまいます。

ID-100112050

また、汗に黄色い分泌物が混じっていたりすると、
悩みはいっそう深いものとなります。

 

こうした汗ジミを見てしまうと、そのイメージから
脇汗をたくさんかくと、ワキガ臭も出ているのではないか
と不安に思っている人も多いです。

 

確かに腋窩多汗症の人が、ワキガを伴う場合も多いですが、
腋窩多汗症とワキガは、その発生のメカニズムからして
全く異なる症状ですので、腋窩多汗症だけが単独で現れて、
ワキガが全くしないことも珍しくありません。

ワキガを伴う腋窩多汗症なのか、それともワキガのない腋窩多汗症なのか、
それを見分ける一番簡単な方法は、耳アカを調べる事です。 

ID-10079286

ある調査によると、
腋窩多汗症の人で、耳アカが湿ってやわらかい人の9割は
ワキガ臭も伴っているそうです。

 

それに対して、
腋窩多汗症の人で耳アカがカサカサに乾いている人のほとんどは
ワキガ臭のしない純粋な腋窩多汗症だけの症状だったという事です。

 

つまり、脇の下に大量に汗をかいていたとしても、
耳アカが乾いている人ならば、ワキガ臭はしないと考えて良いでしょう。

 

逆に言えば、脇の下に大量の汗をかいていて、
なおかつ、耳アカが湿っている人ならば、
腋窩多汗症とワキガを併発してる可能性が高いです。

 

なぜならば、耳アカが湿っているという事は、
ワキガの原因であるアポクリン汗腺が活発に活動している証拠となるからです。

 

しかし、これも100%ではありません。

 

先に紹介したようにあくまでも9割の人に当てはまる事で、
残りの1割の人は、耳アカが湿っていてもワキガ体質ではなかった
という事実もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す