腋窩多汗症なのか、単なる汗かきなのか、その境目と原因は?

腋窩多汗症とは、脇の下に大量の汗をかく症状の事をいいます。

 

汗をかきやすい体の部位はたくさんあります。
手のひら、足の裏、背中、首周り、額、お腹などがその代表的な場所ですね。

 

一般的に多汗症といった場合、これら全ての部位を含んだ表現になりますが、
脇の下の多汗症に関しては、腋窩(えきか)多汗症という別の呼び方をしています。

 

脇の下に大量に汗をかくといっても、
どこまでが単なる汗っかきで、どこからが多汗症なのかという
明確な客観的な線引きがあるわけではありません。

 

人それぞれ汗の出方は違ってきますし、
本人の汗に関する意識によっても違ってくるでしょう。

 

例えば、夏の蒸し暑い日や、何かスポーツをしている時、
サウナへ入っている時などは、誰でも脇の下から汗が出てくるものです。

ID-100103161

しかし、特にはっきりとした理由があるわけでもないのに、
朝起きてから夜寝るまで、そして寝ている最中にも
24時間ずっと脇の下が汗で濡れている状態なら、
腋窩多汗症を疑ってみるべきでしょう。

 

腋窩多汗症の方は、脇の下から絶えず多量の汗が流れ出ていて、
こまめに汗を拭いたり、汗脇パッドなどでケアしていないと
着ている洋服の脇の部分がびっしょり濡れていて
周りからもはっきり分かってしまう状態になります。 

ID-10042904

こうした症状はエクリン汗腺の異常が引き金になっているケースが多いです。

 

エクリン汗腺とは無味無臭の汗を出す器官で、
運動したあとや暑いと感じた時に出る、
普段私たちが言っている、一般的な意味での汗を出す事を目的にしている器官で、
体温を調節する重要な役割を持っています。


しかし、腋窩多汗症の方は、何らかの理由でこのエクリン汗腺の機能の調節が
うまくいかなくなり、汗の分泌量が制御できない状態にあります。
その為、これといった理由もなく一日中汗がダラダラと出てしまっているわけです。

 

こうなると体温調節の機能がうまくいっていないので、
冬の寒い時期であっても脇から汗が出てきてしまい、
とても寒くて冷たい思いをすることもあります。

 

ちなみに、アポクリン汗腺があまり発達していなくて、ワキガ体質でない場合は、
脇から汗が大量に出たとしてもワキガ臭は発生しません。

 

ワキガと腋窩多汗症は別の症状である事は認識しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す