ワキガ体質の日本人は1割程度だが、欧米人では8割にも及ぶ?

日本ではワキガ体質の人は少数派ですが、
欧米では逆にワキガ体質の人が多数派となっています。

 

統計的な数字はよく分かりませんが、
欧米人の約8割はワキガ体質だといわれています。

 

私には欧米人の友達はいないのですが、
例えば、電車に乗っていて、近くにアメリカ人らしき人がいたり、
仕事場で、たまたまアメリカ人らしき人とすれ違ったりした時でも
何か独特な臭いを感じることがあります。

 

ワキガなのかは分かりませんが、
日本人にはない体臭というものを感じることはよくありますね。

 

欧米ではワキガ体質の人は多数派を占めているので、
ワキガであることがむしろ当たり前という風習、というか、
文化みたいなものがあるようで、その臭いに悩んでいる人は少ないようです。

 

そして、ワキガを敬遠したり嫌がったりする人も少ないようです。

 

これに対して、日本人の場合、ワキガ体質の人は約1割程度といわれています。

 

日本人と欧米人でこれほどの差があるのは、
偶然で片付ける事は出来なくて、何か理由があるはずです。

 

そして、その理由のひとつに食生活の違いが挙げられています。

 

欧米人は昔から肉中心の食生活で、
脂肪やタンパク質の多い高カロリーの食生活をしてきました。

ID-100135445

それに対して日本人の場合、文明が出来てから現代に至るまで
穀物中心の食生活をしてきていました。 

a0002_010850

その他にも野菜や豆類といった比較的質素な食材ばかりを摂ってきており、
動物性食品では魚介類を摂取する程度で、肉類はほとんど食べてきませんでした。

 

こうした食生活の差が、脇の下のアポクリン汗腺や皮脂腺の発達に
大きな影響を与えてきたと推測されています。

 

つまり、高カロリーの食事をし続けてきた欧米人は
脂質の代謝、排出が皮脂腺からの分泌だけでは追いつかず、
アポクリン汗腺からも脂質を分泌させるように発達してきたと考えられています。

 

そして結果的に、ワキガになりやすい体質に変わっていったようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す