腋窩多汗症(えきかたかんしょう)とワキガは全くの別物

腋窩多汗症(えきかたかんしょう)とは、脇の下から大量に汗をかく病気です。

 

脇の下のエクリン汗腺が何らかの影響で刺激されて、
そこから常に汗が流れ出してしまう症状の事です。

 

それに対して、ワキガというのはアポクリン汗腺からの分泌物が
常在菌によって分解されて、臭いを発する現象の事です。

 

ですので、発生のメカニズムからして、腋窩多汗症とワキガは全くの別物です。

 

しかし、脇の下という特定部位で起こる症状の為、
腋窩多汗症とワキガは混同されがちで、
ワキガの人は全て腋窩多汗症であり、逆に、腋窩多汗症の人は全てワキガである、
という間違った認識が広く浸透しているようです。

ID-100103331

確かに、ワキガの人の多くが腋窩多汗症を伴っていることは事実です。
しかし、ワキガの人でも腋窩多汗症でない人も当然いますし、
腋窩多汗症の人で、汗が脇の下から大量に吹き出している人でも、
ワキガの臭いが全くしない人も当然います。

 

上記で説明したように、ワキガと腋窩多汗症は、それぞれ独立した症状です。

 

ですので、脇の下から大量に汗をかくからといって、
自分はワキガではないのか?
と勝手に思い悩む必要はありません。

 

また、脇の下から大量に汗をかく人を見て
あの人はワキガの臭いがするに違いない
と勝手に他人を中傷したりすることは、絶対にやってはいけません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す