他人から指摘されたとしてもワキガであるとは限らない

ワキガというのは、脇の下からワキガ特有の臭いがする症状の事をいいますが、
脇の下から臭いがしたら、それらは全てワキガというわけではありません。

 

ワキガ臭と汗臭さは全く別物です。

 

しかし、本人からするとワキガに対する知識を詳しく持っているわけではないので、
少しでも脇から臭いがすると、
もしかして自分はワキガなのでは?
と疑心暗鬼になってしまいます。

 

特に、他人から指摘された場合はなおさらで、
神経質な性格の人ならば、かなりのショックを受ける事もあり、
ある種のノイローゼ状態に陥ってしまうケースもあります。

ID-10085161

友達も含め、他人というのは、本人との人間関係によっては、
得てして無責任な事を口にするものです。

 

特に学生時代の、他人との係わり合いの仕方がうまくできない、
他人を思いやる気持ちが未成熟な人は
平気で思ってもいない事を喋っては、他人を傷つけます。

 

特に、臭いに関して異常なほど敏感になっている今の日本社会では
ちょっとした臭いでも大げさに指摘したり、
あからさまに嫌がったりする人もいます。

 

そうした事を間に受けていると、本当はたいして臭っていなくても
自分はかなり臭っているんだ
と勘違いしてしまう事もあります。 

ID-10075989

一度勘違いしてしまうと、自分の臭いが気になってしまい、
電車に乗っていると近くの人が鼻を押さえてい
学校で周囲の人が咳払いをする
自分と会話する人はみんな嫌な顔をする
というような被害妄想を感じるようにもなります。

 

臭っているかどうかは数字にする事が難しく、客観的な判断はしにくいですが、
私のブログではワキガチェックの記事も書いていますので、
是非参考にして欲しいです。

 

また、他人の言葉や態度で自分の臭いを判断する事はできませんが、
家族などの信頼できる近親者からの指摘なら
もしかしたら臭っている可能性もあります。

 

ワキガは遺伝的な要因によって起こる事を考えると、
近親者がワキガに悩んでいたら、その臭いも知っている事もあります。

 

ですので、指摘した近親者自身がワキガだった場合は、
その言葉も信用して良いかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す