寝汗と病気との関係~サラサラ寝汗かベトベト寝汗か~

通常の昼間の生活の時にはそれほど汗を
かかないのに、寝ているときにだけ、
びっしょり汗をかいてしまう人もいます。

 

人によってはパジャマが寝汗でビショビショに
なってしまい、その気持ち悪さで目を覚まして、
途中で別のパジャマに着替えるという人もいます。

 

寝汗の量にもよりますが、あまりにも大量の場合は、
新陳代謝が良いだけではなく、何か病気の危険性もあります。

 

また、寝汗の粘度なども注意した方が良いでしょう。
通常よりもネバネバ、ベトベトした汗ならあまり良い汗とはいえないでしょう。

ID-100173636

寝汗と一口に言っても、通常の眠る直前の汗は、
熟睡するために必要な汗です。

 

この時の汗は、脳細胞の活動を抑える為に、視床下部にある発汗中枢が
体温を下げようとして汗を出させているわけで、通常の発汗現象です。

 

ですので、寝入りばなの汗は、
寝汗といっても全く問題のない生理現象ですので、異常ではありません。

 

また、朝方起きるときに多くの汗をかく人もいます。 

ID-100141961

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠とに分ける事ができますが、
レム睡眠時に怖い夢や興奮する夢などを見ると、
中枢神経が刺激されて汗が出てくることもあります。

 

レム睡眠の時間は朝方になるにつれて、増加していくので、
起きる直前にレム睡眠になり、たまたま怖い夢を見て汗をかき、
その状態で起きてしまうと、寝汗をたっぶりかいたように見えて
気になってしまうこともありますが、これも病的なものではありません。

 

しかし、眠っている最中に、持続的にベトベトした汗を
頭や首、胸のあたりから、かいてしまう場合は、注意する必要があります。

 

こうした汗は「盗汗(とうかん)」とも呼ばれていて、
通常の健康的な汗とは区別されています。

 

生理的な寝汗はサラサラしていますが、
盗汗の場合は、血漿の成分が多く含まれていて、
水分以外のミネラル分が汗の中に残ってしまっています。

 

その為、汗自体が濃く、皮膚上に出ても、蒸発しにくく
ベトベトした感じになっています。

 

また、ミネラル分が体外へ放出されてしまうので、
朝、起きた時から疲労感を感じるようになります。

 

こうした汗を嫌がり、
寝る前の水分摂取を控える人もいますが、それは逆効果です。

 

寝汗による脱水症状が更にひどくなってしまいますので、
十分に水分を摂るようにしなければいけません。

盗汗が出たら

このような盗汗は、ストレスがある人、精神不安がある人、自律神経失調症、結核などを患っている人に見られるので、原因不明の寝汗が続くような場合は、一度病院へ行って診てもらった方が良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す