足の裏の多汗症改善には日常的なケアを

多汗症の場合、人によって汗が多く出る場所は
違ってきますが、中には、足の裏に大量の汗をかく人もいます。

 

足の裏の汗というのは、手や脇とはまた別の悩みとなりますね。

 

靴を履いている状態だと、
靴の中が蒸れてしまい、足裏環境は最悪といっていいでしょう。
臭いもきつくなりますし、靴も傷みやすくなります。

 

また、靴を脱いでサンダルに履き替えたとしても、
汗が止まることはないので、サンダルの材質によっては
自分の汗で滑って転びそうになることもあります。

 

足の裏というのは、手と違って常に靴やサンダルなどの履物をしているので、
それ用の対策もたてた方が良いでしょう。

 

まず、足の裏は体の中でも手のひらと同様に、エクリン汗腺が密集した場所です。
よって、もともと汗が出やすい場所でもあります。

 

ですので、男性なら靴下に革靴、女性ならストッキングにブーツなどを履いて
密閉状態になると、必然的に足裏の温度と湿度は上がり、
そこから出てきた汗も、蒸発できずに靴内に閉じこもってしまい、
そのまま湿気を帯びてしまいます。

ID-10015471

こうした状態では、足裏から出る汗を抑えるのは困難といえるでしょう。

まず、靴などに関しては、
毎日同じ靴は履かないようにする
その日履かない靴は、日中干しておく
靴はこまめに洗う
通気性の良い靴下、靴を選ぶ
などの対策を立てましょう。

 

足自体には、
朝、出勤前にこまめに洗っておく
足用の消臭スプレーを持参する
ベビーパウダーをつける
足の角質を取る(フットケア)
などの対策を立てましょう。

 

このような日常的なケアが有効な事が多いです。
面倒くさがらずこまめに対策を立てていけば、
それなりに臭いも汗も抑えることはできると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す