殺菌剤、制汗剤としてのミョウバンの効果は?

ミョウバンといっても、全く知らない、馴染みがないという人も多いと思います。

 

私は全然知りませでした。
多汗症で悩んでいろいろ調べる前までは、
ミョウバンって何?
名前はどこかで聞いた事があるけれど
くらいでした。

 

簡単に説明すると、ミョウバンとは、
漬物を作るときや麺のかん水として利用されているもので、
スーパーや乾物屋などでは食品添加物として一般に売られています。

 

ですので、私たちも普通に入手できますし、
値段的にも数百円程度のものですので手軽に買えます。

こうしたミョウバンですが、実は食品として利用するだけでなく、
その化学式から殺菌剤、制汗剤、防臭剤としても利用できます。

 

病院で処方される塩化アルミニウムほどの効果は期待できませんが、
食品添加物として利用されているものでもありますので、
体に直接塗ったり吹き付けたりする分には非常に安全です。

 

ミョウバンの使い方としては、
水で薄めて、ミョウバン水として使うのが一般的です。

 

ミョウバン水の作り方は簡単で、
市販のミョウバン50gに対して、水1.5リットルを混ぜ合わせるだけです。
ですので、ペットボトルなどを利用すると良いでしょう。

 

ミョウバンは水に溶けにくいかもしれませんが、
よく混ぜた後、1日放置しておけば透明の液体になり混ざってくれます。

 

これをガーゼに浸して脇の皮膚を拭いたり、
外出の際には、市販の小さめのスプレー容器に入れて、
直接スプレーすると良いでしょう。

ID-100153347

また、水で薄めるのではなく、
ミョウバンをすり鉢などで細かくすりつぶして、
それを直接、脇に塗りつける方法もあります。

 

人によってはこちらの方がより効果が期待できる場合もあります。

 

値段的にも経済的ですので、一度試してみる価値はあると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す