デオドラント剤は自分の多汗の症状に合わせて適切なものを使うように

薬局などでは様々なデオドラント剤、制汗剤が
売られていますが、その中から自分の汗や臭いの
タイプに適したものを使用することが重要です。

 

単に、効果が強力なもの、という基準で選んでしまうと、
自分の肌質に合わなかったりして、逆効果になってしまう場合もあります。

 

まずは、自分の多汗症が、ワキガ型なのか、精神性発汗型なのかを
区別しなればいけません。

 

そして、このブログでも過去に紹介していますが、
ワキガ型かどうかを判断するには、自分の耳垢を調べるのが
一番分かりやすいでしょう。

a1180_006008

耳垢を綿棒などで掃除した時に、溶けた粘土のような状態なら
強度なワキガ型といえるでしょう。

 

そして、湿った状態なら軽~中度のワキガ型でしょう。

 

湿り気がなく、パサパサした状態ならワキガ型ではなく、
精神性発汗型と判断して良いでしょう。

 

このように分類し、自分が強度のワキガ型ならば、
ロールオンタイプの肌に直接塗るデオドラント剤を使用すると、
効果が長持ちして有効といえるでしょう

 

中程度のワキガ型ならば、清涼感が得られるスプレータイプを選択して、
その効果を確かめてみてはいかがでしょうか。 

ID-10084136

デオドラント剤の成分から選ぶ場合には、強度なワキガ型の場合は、
塩化ベンザルコニウムなどの強い殺菌剤が配合されているものが良いでしょう。

 

中程度のワキガ型の場合は、
イソプロピルメチルフェノールや銀などの殺菌剤が配合されているものを選びましょう。

 

軽度のワキガ型や精神性発汗の場合は、
植物性の消臭剤を配合したスプレーや、
制汗成分が配合されているシートタイプのもので汗を拭うようにしましょう。

 

自分にあったデオドラント剤を

自分にタイプにあっていないもの、例えば精神性発汗の人が、強い殺菌剤が配合されたデオドラント剤を使用しても、効果は全くないどころか、皮膚上に存在している常在菌までも死滅させてしまい、より強い臭いが発生してしまう事にもなりますので注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す