病院へ行くと塩化アルミニウム液を処方されることもあります

皮膚科などの病院へ行って、多汗症について
相談をすると、塩化アルミニウム液
処方してもらえる事もあります。

 

塩化アルミニウムと聞くと、学生時代の理科の実験を思い出してしまい、
そんなものを体に塗っても大丈夫なのか?
と不安に思ってしまうかもしれませんが、
多汗症対策の為に多くの病院で処方されている一般的な治療薬です。

 

無色透明の液体で、人によってはこれを塗るだけで
1日程度なら効いてくれることもあります。

 

原理としては、アルミニウムイオンと汗の中の成分とが化学反応を起こし、
凝固物を生成する事で、汗腺の出口を塞いでくれる事で
汗が止まるようになります。

ID-10053228

市販されている制汗剤にも使用されている成分ですので、
汗を抑える効果は、ある程度は期待できます。

 

しかしその反面、皮膚への刺激が強いので、
副作用もあることを考慮して使用しなければいけません。

刺激性の強い化学物質ですので、
敏感肌の人が塩化アルミニウムを使用すると、
肌がカブレてしまったり、かゆみがでてきたりします。

また頻繁に使用していると、
雑菌や異物などの外敵から皮膚を守ってくれている
常在菌までも死滅させる事になってしまい、
皮膚の健康状態が損なわれてしまう事もあります。

使用する場所としては、脇の下などの皮膚が薄い場所では
カブレや炎症などのトラブルを起こす事もありますので、
比較的皮膚が厚い手のひらに処方した方が良いでしょう。

また、使用する頻度としては、
毎日塗るのではなく、2~3日に1回は
使用しない日を入れるようにした方が良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す