手汗治療プログラム(SCM)ならボトックス注射に頼らなくて済みます

手汗治療の為にボトックス注射を考えている人も
いるかもしれませんが、その長所短所を考えてみましょう。

 

まず最初、ボトックス注射は、顔面の痙攣などの
治療に使われていましたが、それが美容整形の
分野で使われるようになり、そして、多汗症治療まで
応用されるようになった経緯があります。

 

このボトックス注射は、
手掌多汗症の治療法として非常に有効であると言われています。

 

ボトックスとは、ボツリヌス菌の毒素を無毒化したもので、
これを注射する事で神経伝達物質であるアセチルコリンの働きを
弱める効果があります。

 

アセチルコリンとは、エクリン汗腺へ作用し、発汗を促進させる
物質として、このブログでも過去に記事にしていますね。

 

つまり、ボトックス注射でアセチルコリンを弱め、
エクリン汗腺への刺激を少なくして、汗を減少させるという事です。

 

このようなボトックス注射の一番の長所は、代償性発汗が起こらない事です。
その点では非常に有効な治療方法と言えます。

 

しかし、こうしたボトックス注射による多汗症治療は、
体の場所によってその効果は違ってきます。

 

最も効果が高いのは脇の汗で、その次は額の汗と言われていて、
手のひらの汗に対する効果は、脇や額ほどではないです。

ID-10027460

なぜかというと、手のひらにはエクリン汗腺が広範囲に分布していますし、
また、手のひらの皮膚は脇よりも硬く、
ボトックス注射が皮膚内に浸透しにくい事が原因として挙げられています。

 

ですので、脇の汗と同じような効果を得る為には、
それなりにたくさん注射を打たなければいけません。

 

また、副作用としては、施術後には一時的に握力が弱くなったり、
皮膚感覚が鈍くなったりします。

 

持続効果は約半年ほどで、費用的には病院によって様々ですが、
安くても数万円、中には10万円以上するところもあります。

 

効き目自体は確かなようですが、
半年で数万円というのは費用対効果としてはどうでしょうか。
そして、これを半年毎に続けるというのも、かなり負担になると思います。

 

手汗治療プログラム(SCM)は、このようなボトックス注射に頼らない
自力で手掌多汗症を改善させる方法です。

 

即効性のあるものから根本から治すものまで、
色々な方法が提供されていますので、
あなたにあった改善方法がきっと見つかると思いますよ。

 

多くの人が改善に成功している手汗治療方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す