皮膚圧反射、半側発汗を利用して、顔の汗を抑える

多汗症の場合、体のどの部分に多くの汗が
出るのかは、人それぞれであり、
決まったパターンがあるわけではありませんが、
一般的には、手のひら、脇、顔、足の裏、などが
多い傾向にあります。

 

その中で一番厄介なのは、やはり顔にかく汗でしょう。

 

手のひらや足の裏なら、他人にバレずにすむ事も多いですが、
顔の汗はどうしても隠すことができません。

 

特に仕事の最中にかく顔の汗は、デスクワークの場合は、
相手とのコミュニケーションに支障をきたす場合もあります。

ID-10075978

こうした場合は、基本的にはこまめに汗を拭くしかないですが、
それ以外にも一時的ですが、顔の汗を抑える方法というものがあります。

 

その方法を説明する前に、まず皮膚圧反射(ひふあつはんしゃ)と
半側発汗(はんそくはっかん)という言葉について解説します。

皮膚圧反射

何かしらの原因で、体の一部が発汗しづらい状態になっている場合、
他の部分で代わりに汗を出そうとする反射機能のこと。

例えば、仰向けになって寝ている場合、
背中が圧迫されて汗が出にくい状態になっています。

そうした状況の時には、背中の汗が減少して、
代わりに胸側の汗が増加するようになります。

半側発汗

これも汗に関する条件反射のひとつで、
人間の体の左右上下のいずれかを圧迫すると、
圧迫された側の汗は抑えられ、
その反対側では発汗が促進されるという現象のこと。

どちらも似たような意味合いの言葉ですが、
こうした現象を利用する事で、顔の汗を抑えることができます。

 

つまり、体の上半身を圧迫する事で、下半身の汗は増えますが、
代わりに、上半身の汗を減らすことができるというわけです。

 

具体的には、胸の上あたりの肋骨部分を両手で強く圧迫することにより、
一時的に顔の汗を抑えることができます。

 

これは皮膚圧反射半側発汗を利用した方法と言えます。

 

こうした方法は基本的にはずっと手で圧迫し続けなければいけないので、
継続性には問題がありますが、やってみる価値はあると思います。

 

実際にこうした皮膚圧反射を利用しているものとして有名なのが、舞妓さんです。 

ID-1002148

舞妓さんの高帯は、胸全体を強く圧迫しており、
それにより上半身、特に顔の汗を抑える役割を持っているといわれています。

 

舞妓さんのあの独特な白塗りの化粧は、
強く締め付けられた高帯によって維持されているんですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す