汗と食事との関係は?汗を出したくないならこれは食べないように!

汗がどれだけ出るのかは、
食事とも密接に関係しています。
特にどのような食材を摂取するのかで、
汗の量は違ってくることもあります。

 

食事をしているとだんだん汗をかいてくる事を
皆さんも経験したことがあると思いますが、
これは代謝熱が発生して実際に体温が上がっているからです。

 

このような代謝熱を発生させやすいのは、肉類に含まれているタンパク質で、
炭水化物の約5倍もの熱を発生させるといわれています。

ID-100147208

ですので、暑い場所に出かけたり、会議などの緊張する場面などで、
汗をかきたくなければ、事前の食事は肉類中心ではなく、
うどんやそばなどの炭水化物を摂るようにしましょう。

 

特に、ワキガを伴った多汗症の場合は、
肉類の摂取は控えめにすることをオススメします。

 

肉類を摂り過ぎると、、、
ワキガ発生の原因であるアポクリン汗腺からの汗の分泌は、動物性タンパク質や動物性脂肪を多く摂取すると、その活動が活発になり、汗や臭いをさらに強くしてしまいます。

 

また、トウガラシを代表とする辛い食材は、
味覚性発汗によって汗を出させる効果があります。

pepper

東南アジアなどの暑い地域に住んでいる人が、好んで辛い食べ物を摂っているのは、
味覚性発汗によって汗が出て、その後その汗が気化する事で、涼しく感じるのを
知っているからです。

 

ですので、汗をかきたくない場合は、
事前の食事では辛いものを摂らないようにしましょう。

 

また別の捉え方をすると、冷え性の人が辛いものを摂り過ぎてしまうと、
その後、汗をかく事で体が冷えてしまい、症状が悪化する場合もあるので、
注意が必要といえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す