病院での汗の治療法—薬物療法

多汗症の治療には、精神面に働きかけるリラックス法を身につけることが一番ですが、
それと同時に薬も併用すると、更に多汗の改善に効果が期待できます。

 

薬は大きく分けると、
不安を取り除く薬発汗作用を抑制する薬に分ける事ができます。

 

不安を取り除く薬

汗をかくかもしれないという不安(予期不安)を取り除く為の薬で、
精神安定剤自律神経調整剤などが処方される事があります。

ID-100100452

ただしこれらの薬は、副作用として、眠気やふらつきなどが
生じる場合もありますので、医師と相談の上で処方する事になります。

 

また、漢方薬が用いられる場合もあり、
緊張からくる心臓のドキドキを抑え、精神の安定を図る為に、
柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)や、
柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
といった漢方薬も存在します。

 

しかしこれらも、自分で判断するのは難しいので、
医師や漢方薬局などで処方されたものを服用するようにしましょう。

 

発汗作用を抑制する薬

発汗の生体的機能に直接働きかける薬として、抗コリン剤というものがあります。

 

抗コリン剤は、汗の分泌に関係している交感神経からの伝達物質である
アセチルコリンの遊離を止める作用があり、
それによって汗腺が受け取るアセチルコリンの数を減らすことになりますので、
発汗抑制作用が期待できます。

 

しかし、副作用として、口の渇き、便秘、胃腸障害などがあり
緑内障や高血圧、前立腺肥大症などの症状がある患者さんには
注意して処方しなければいけません。

 

また、これらの薬物治療によって、予期不安が減って、
実際に汗をかく量も減っていくと、副次的な効果も期待できます。

 

どういう意味かというと、

薬によって不安が減り、汗が減ったという”実感”を得る事ができたら
それが”自信”につながり、ただ薬を持っているだけで
いざとなれば、薬を飲めばいつでも汗を抑えられる
という意識を持つことができるようになります。

 

これによって緊張と多汗という悪循環を断ち切って
新たに汗を出にくくする好循環を生み出すようになれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す