汗の臭い・ワキガの臭いの原因と発生のメカニズム

多汗症の原因となるエクリン汗腺からの汗、
そして、ワキガの原因となるアポクリン汗腺からの汗は、
汗腺の中にある時は、まだ無臭です。

 

しかし、皮膚上に分泌された段階で、
そこに存在している常在菌の作用により臭いの物質が作られてしまいます。

 

エクリン汗腺の場合、皮膚表面に汗が分泌されると、
垢や皮脂、ホコリ、フケ、表皮から剥がれ落ちた角質などがエクリン汗と交じり合い、
それを常在菌が分解・酸化する事で、低級脂肪酸等のにおい物質が
発生して汗臭くなります。

 

またそうした環境は常在菌にとっても住み心地がよく、
常在菌自体も増殖していきますので、
更に、分解・酸化が促進される事になります。

ID-10045365

アポクリン汗腺の場合も、皮膚表面に存在する常在菌の働きによって
汗を分解・酸化する事で、低級脂肪酸といった物質が作られてしまい、
これがアンモニアなどと混ざり合う事でワキガ臭を発生させます。

ちなみに人によって、常在菌の種類、数は個人差があります。

ワキガ臭が軽い人は、皮膚ブドウ球菌がメインの常在菌になっている事が多く、
ワキガ臭が強い人は、ジフテロイドなどのコリネバクテリウム属の菌が
多く見られる傾向にあります。

 

こうした菌の違いによっても、
その人のワキガ臭の強さ、臭いの種類が異なってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す