エクリン汗腺からの汗には健康な汗と不健康な汗がある

健康な人間の場合、エクリン汗腺からの汗は99%以上が水で構成されています。

 

その他の成分としては、ナトリウムや塩素、カルシウム、
カリウム、尿素、アンモニアなどが微量含まれています。

 

汗の構成成分は、血漿とほぼ同じで、
汗と血漿とではその濃度が多少異なっているだけです。
(*血漿とは、血液から赤血球や白血球、血小板などを除いた液体部分のこと)

 

エクリン汗腺からの汗の元となっている原液というのは、
その血漿から作られています。

 

この原液に含まれている塩分濃度は、血漿と同じくらいですが、
エクリン汗腺を通って皮膚の表面に出される前に、
ナトリウムや塩素などは、血漿のほうに再吸収されることになります。

 

その為、汗として皮膚表面に出される時には、
塩分濃度はかなり低い状態で排出されることになります。

 

ですので、健康的な人で、汗の原液から塩分を再吸収する機能が
正常に働いていれば、汗の塩分濃度は低く、その結果サラサラの汗になります。
ID-100144916しかし、何かしら健康に問題がある人、精神的にストレスが溜まっている人などは、
再吸収の機能が十分に働かなくなっている事もあります。

 

そうした場合は、塩分濃度が濃いままの汗が体外に排出されてしまいます。

 

汗には健康な汗と不健康な汗に分ける事ができる

健康な汗とは
血漿成分を十分に再吸収できた汗であり、小粒で塩分濃度が低く、サラサラの状態で水に限りなく近い成分となっています。

肌の上ですぐに乾き、
体温調節機能を効率的に果たすことができる有効な汗といえます。

不健康な汗とは
血漿成分を再吸収できなかった汗であり、大粒で塩分濃度が高く、ネバネバの状態です。

肌の上に出ても蒸発しにくく、
また、体に必要なミネラル分も汗の中に含まれているため、
大量にかくと慢性疲労や熱中症の原因にもなってしまいます。

エクリン汗腺の機能は、汗をかくほど高まってくるという性質がありますので、
汗をどんどんかいて汗腺を活性化させる事が、健康な汗になる一番の近道といえます。

健康な汗
サラサラしている
汗の粒が小さい
臭いがない
味がしない
汗をかくとスッキリする
 
不健康な汗
ネバネバしている
汗の粒が大きい
臭いがある
しょっぱい味がする
汗をかくと疲労感がある
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す