ワキガ改善方法–香水で臭いを抑える

ワキガ臭を抑える方法として、
香水やオーデコロンなどの他の香りをつけて消す方法もあります。

 

この方法はマスキングと呼ばれるもので、
嫌な臭いに対して、別の強い匂いを被せる事で、元の臭いを包み隠そうとする事です。

 

気持ちが安らぐフローラルの香水などをつければ、ワキガ臭も多少は和らぎ、
軽度のワキガでしたら、ある程度の効果は期待できるでしょう。
ID-10078731

しかし、マスキングとは元の臭いを包み隠す必要があるため、
強いワキガ臭を隠す為には、それなりに強い香水を使用しなければいけなくなります。

強い臭い同士の香水とワキガ臭が混ざり合ってしまうと、
人によっては、より強い悪臭に感じることもあり、
こうなってしまっては、香水の匂いは逆効果になります。

 

また、人間は同じ臭いを嗅ぎ続けていると徐々に臭いに鈍感になっていきます。
それは香水でも同じです。

 

香水をつけ続けていると徐々にその匂いに慣れてしまい、
徐々につける量が増えてしまい、香水自体の匂いが強くなりすぎて、
周りに必要以上に匂いを振りまいてしまう事もあります。

 

臭いの程度にもよりますが、ワキガ臭は香水などで隠し通せるものではありません。
むしろ、元のワキガ臭以上の悪臭を発生させる事もあります。

 

ですので、ワキガ臭の強い人は、
香水でごまかすという方法はやらない方が良いででしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す