多汗症は全身性多汗症と局所性多汗症に分けられる

多汗症とは、文字どおり大量の汗をかく事ですが、
単なる汗っかきと多汗症とは、別物と考える向きもあります。

 

日常生活において、汗をかくという事は、
外気温が暑い時や運動をした時、または食事する事によって
上昇してしまう体温を下げる為の生理的現象です。

 

汗っかきの人は、これらの変化に敏感に反応し、
ちょっとした事で人並み以上に汗をかいてしまうという事であって、
あくまでも環境の変化に対応する為に起きている生理的現象という意味では
正常な反応と言えます。

a0002_007404

しかし、多汗症というのは、上記のような生理現象が
日常生活に支障をきたすほど重度に起きてしまう事と捉えられたり、
または、体温調節の必要のない時でさえも、大量の汗を分泌してしまう状態
という事もできます。

 

そして、
多汗症には全身に汗をかく「全身性多汗症」と
特定の部分にだけ汗をかく「局所性多汗症」とに分けることができます。

 

全身性多汗症

全身性多汗症とは、顔、胸部、腹部、背中、足など、体全体から大量の汗が分泌してしまう症状の事です。

この症状は主に、脳の視床下部の体温調節中枢の異常や、
急性リウマチ、結核、婦人病、更年期障害など、
何かしら別の病気が原因で、ホルモンのバランスが著しく乱れてしまい、
それが多汗症という症状を招いている場合が多いです。

 

ですので、もし以前はそれほど汗をかいていなかったのに、
急に大量の汗が出るようになった場合、
何か別の病気を患っている可能性もありますので、
専門の医師の診察を受ける事をお勧めします。

 

局所性多汗症

局所性発汗とは、ワキの下や手の平、足の裏、頭部などの局所だけに大量の汗が分泌してしまう症状の事です。

主に精神的なストレスや緊張などが原因で、
自律神経のバランスが乱れた事で起こる精神形発汗が多いです。

 

よく、「冷や汗をかく」とか「手に汗握る」という表現が使われますが、
汗は精神的な緊張によっても分泌されます。

 

ですので、もともと神経質な性格だったり、人より緊張しやすかったり、
アガリやすい性格の人は局所性多汗症になりやすいといえるでしょう。

 

また、ワキガの人は、臭いを気にするあまり、神経質になり過ぎて、
局所性多汗症を併発している場合もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す