エクリン汗腺からの汗が臭ってしまうメカニズムは?

汗腺から皮膚上に出たばかりの汗は
無臭であり、ほとんど臭いはありません。

 

これはアポクリン汗腺からの汗だけではなく、
通常のエクリン汗腺からの汗でも同様です。

 

汗というものは、尿のような排泄物ではなく、
あくまでも体温を下げる事を目的に排出されるものです。

 

そして、エクリン汗腺からの汗はその成分の99%が水分であり、
臭いの原因となる成分はほとんど含まれていませんので、
そのままだと臭い成分が作られることは、ほとんどありません。

 

でも、汗をかくと誰でも臭くなりますね。
これはどうしてなんでしょうか?

 

当然ながら、これにも臭くなってしまうメカニズムがあります。

どうして汗が臭ってしまうのか?

アポクリン汗腺からの汗の場合なら、
その汗の成分である糖質、中性脂肪、アンモニアなどが
皮膚の常在菌によって分解、酸化される事が臭いの原因でしたが、
エクリン汗腺の場合には、その成分のほとんどが水分なので、
常在菌のエサになるようなものはありません。

 

でもその代わりに、皮膚上にある、
垢や皮脂、ホコリ、フケ、角質などがエサ候補となってしまいます。

 

通常の皮膚環境なら問題はないですが、
エクリン汗腺からの汗が大量に皮膚上に流れ出し、
上記のようなエサ候補と混ざり合うと、
常在菌は、それらを分解、酸化して、やはり低級脂肪酸などの
臭い物質を発生させてしまうんですね。

 

ただし、アポクリン汗腺からの汗の時のエサである糖質や中性脂肪とは違って
そのエサ候補が固形物であるために、
分解、酸化するまでに時間がかかる事になります。

 

汗のかき始めはあまり臭わないのに、時間が経過すると徐々に臭ってきたり、
汗が長くこもった場所が汗臭くなるのは、
こうしたエサの分解速度が関係しています。

ID-10053228

また、汗が多くなると
皮膚の表面が通常の酸性状態からアルカリ性に変わっていきます。

 

通常の皮膚表面は、ph(ペーハー)でいうと、4~5の酸性の状態になっています。

 

しかし汗を多量にかいてしまうと、
アルカリ性の重炭酸イオンが流れ出してしまい、
それによって皮膚がアルカリ性に変化する事になります。

 

常在菌はアルカリ性の環境を好むので、
これによって更に活動が活発化していきます。

 

汗のたまりやすい脇の下や股、足の裏などでは、
ワキガとは関係なく、エクリン汗腺からの汗だけでも、
上記のような理由で、どうしても汗臭くなってしまうんですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す