ワキガかどうか嗅覚に頼らないで判断する方法

臭いというのは絶対的な基準があるわけではなく、
たとえ同じ臭いであっても、
人によっては全然気にならないという人もいれば、
気になってしょうがないという人もいます。

 

ワキガに関しては、神経質な人はどうしても敏感に考えてしまうので、
まずは、本当にワキガなのかどうかを判断しなければいけません。

 

ワキガでもないのに、ワキガで悩んでも仕方ないですからね。

 

そしてもしも、ワキガだとしても、
それが本当に他人に迷惑をかけたり、
嫌がられたりするほど強いものなのかを判断する必要もあります。

 

しかし、自分のワキガの程度を自分で知るのは、意外と難しいものです。

 

自分の臭いは常日頃から嗅いでいるので、
その臭いに慣れてしまっています。

 

ですので、自分で自分の臭いを鼻で嗅ぐ、という嗅覚の観点では
正確には判定できないでしょう。

ID-100204729

そこで、嗅覚に頼らないワキガの判定方法をお教えます。

耳垢が柔らかい

強いワキガ体質であれば、
ほぼ100%の確率で耳垢が湿っていると言われています。

 

耳の内部にある外耳道には、通常のエクリン汗腺は存在せず、
アポクリン汗腺しか存在しません。

 

つまり、耳垢が湿っているのは、アポクリン汗腺からの汗、分泌物が原因です。

 

ワキガの元になっているのは、アポクリン汗腺からの汗、分泌物である事は、
このブログでは何度も説明していますね。

 

そのアポクリン汗腺が外耳道に多い人は、
脇の下にも多く存在している事が分かっています。

 

よってワキガ体質という事がいえます。

下着の脇の部分に色が付く

通常は肌に直接触れる下着は、
その日のうちに着替えてしまうので分かりにくいかもしれませんが、
ワキガ体質の人は、白い下着を繰り返し長く着ていると、
脇に当たる部分が黄ばんだり、黄緑色になったりします。

 

これは、アポクリン汗腺から分泌される汗の成分である
鉄分などの色素によるものです。

 

下着が黄ばんでしまうのは、アポクリン汗腺からの分泌が最も活発な
10代の思春期の頃に多く見られます。

 

もしも、若い時にそのような経験があれば、
やはりワキガ体質である可能性が高くなります。

 

しかし、ここで注意たいのは、
下着に色が付くのは、制汗剤が原因であることも考えられます。

 

ワキガかどうか気にしている人は、
制汗剤も通常より多めに使用している可能性もあり、
それが原因で色がついてしまう事もあるので、
そうした製品を使っていない事を事前に確認しておいてください。

脇の下に多くの汗をかく

やはり脇の下に多くの汗をかく人はワキガの傾向があります。

 

しかし、汗といっても通常の汗と区別する必要があります。

 

精神的な汗や気温の変化に伴う汗とは関係なしに、
いつも湿っている場合がワキガの可能性が高いと言えます。

 

しかも、エクリン汗腺から出るサラっとした汗と違って、
粘り気がある汗なら、更にワキガ体質である可能性が強くなります。

 

以上が、嗅覚に頼らないワキガの判定方法です。
ご自身の場合に当てはめてチェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す